保険見直しをする必要がある|保険相談はだいたいにおいて無料

考えて加入

保険の内容は変えなくても安くなる

保険見直しは定期的に行うのが必要ですが、保険見直しを行うたびに新たに保険に加入をする必要もないのです。保険見直しとなると保険を別の商品に切り替えたり、無駄な保障を省くことで保険料を安くするイメージがありますが、何にも変更しないのも保険見直しのひとつの方法なのです。保険相談をして現状の保障内容でぴったり合っているのであれば、無理に変更をする必要もないのです。保障内容を変えないのに安くする方法があります。それは、払い方を変更することです。保険料を半と支払いにすることでトータルでの支払額が安くなります。さらに一年間の保険料を一括で支払う年払いにすることで半年払いよりも保険料のトータルでの支払額が安くなります。

保障内容を見直して節約

保険は、加入当時は経済的余裕の中から保険料を支払うことができていても結婚して妻が妊娠して出産すれば、これまで夫婦共働きで2人の収入で2人の生活を養っていたとしても、子供が産まれれば旦那が一人で家族3人を養っていかなければならなくなるのです。支出が増えるのに収入が減って保険料は固定費ですのでなるべく固定費を減らすことが家計に余裕を持たせる方法になります。保障内容の見直しの一つのケースですが、住宅を購入するときに住宅ローンをほとんどの方が利用されます。住宅ローンには団体信用生命保険がついています。さらに生命保険の死亡保障も加入していると余計に死亡保障がついていることになるのです。どちらか一方にするか、死亡保障を減らすことでも節約になります。